徳島大学 環境防災研究センター

環境研究部門

タイトル

 科学技術の進歩は、人類の生活を格段に豊かにした反面、自然環境の汚染を引き起こしました。自然環境科学部門は、自然環境の保全・修復・再生を目的に、環境汚染物質の毒性試験法の開発、環境調和型物質・プロセスの開発、環境・健康リスク評価、河川・草地・森林・農業生態系などの物質循環の解析・保全修復技術・環境影響などを研究します。さらに、ビオトーププラン、自然林再生事業、食の安全・安心の推進などで地域に貢献します。

部門長

鎌田磨人 教授 (大学院社会生物産業理工学研究部理工学域)

キーワード

  • 環境物質
  • 環境調和型物質
  • 流域圏生態系
  • 環境生態システム
  • 環境影響評価
  • 地球温暖化対策

PAGE TOP