徳島大学 環境防災研究センター

災害医療研究部門

タイトル

 災害時の医療活動としては、負傷者や発病者に対する救急医療、避難生活中の健康管理や疾病の治療、災害死亡者や避難生活中の死亡に対する死体検案があります。医師や救急救命士が現場で迅速に活動できない状況では、心肺蘇生術を身に付けた多くの市民が活動することが望まれ、心肺蘇生術の普及は重要です。しかしながら、地震災害では、救命不可能な損傷を受けることが多く、事前の予防が重要です。予防策は、被害死亡者の死因を分析せずして行い得ません。また、多数の死者に対しては、身元確認の必要性がありますが、損壊や腐敗のひどい遺体に関わる家族、消防、警察、医療関係者に対する心のケア体制の整備も必要です。

部門長

西村明儒 教授

キーワード

  • 緊急医療体制
  • 被災者医療
  • 衛生管理
  • 衛生薬理
  • トリアージ
  • 死体検案
  • 個人識別
  • DNA鑑定
  • 家族支援
  • 心のケア

PAGE TOP