徳島大学環境防災研究センター「徳島大学の防災展ー見て、触れて、食べて、学ぶ防災ー


1月21日に火を使わないグルメ~作って、食べて、考えよう~を1月21日に開催しました

南海トラフ巨大地震などの大規模災害時には、電気もガスも使用できない状況が想定されています。
そこでそのような状況下で作る非常食を食べてみることによって、災害時の備えや事前対策を考えて
もらうことを目的に ワークショップを開催しました。

 

火が使えない状況での調理を考え、アルファ化米とカップラーメンを各三種類準備しました。
調理時間は、アルファ化米は70分、カップラーメンは20分。時間をかけて水や野菜ジュースで戻しました。

参加者の方に試食していただき、全員で投票した結果は下記のとおりとなりました。

【アルファ化米】 

第1位 アルファ化米+フリーズドライ(スンドゥブチゲ)+水
第2位 アルファ化米+フリーズドライ(とん汁)+水
第3位 アルファ化米+野菜ジュース(食塩無添加)


<

【カップラーメン】

第1位 日清どん兵衛 天ぷらそば+水
第2位 日清チキンラーメン+水
第3位 日清どん兵衛肉うどん+水

その後、意見交換を行いましたが「家族と食べて考えてみたい」、「昆布茶を使っても
おいしいと思う」、「地域で備蓄品について考えてみたい」などのご意見が出て、
前向きに災害時を考えることができました。

参加者の皆様、ありがとうございました。